GalaMate
■■リレイナの背に響く滝の音‥(08/14/16 02:09)
◆リレイナ >> 高いところは平気です!字は…ウッ!?(早速、もう一つ追加された模様)(08/14/16 02:09)
◆リレイナ >> 了解です!(推理するまでもなく、ダメなところの一つは見え見え。)狩りの時間です!行くぞー!(どう見ても バカということだろう…シンジュに続いて、岩場を跳んだ!)(08/14/16 02:08)
■■シンジュの背に響く滝の音‥(08/14/16 02:08)
◆シンジュ >> あっ、字が壊滅的とか! …どう?(等々、リレイナリサーチをしながら…)(08/14/16 02:08)
◆シンジュ >> その意気その意気!肉のためにがんばれー!(おー!) えーっとじゃあね…、高いところとかは?(08/14/16 02:06)
◆シンジュ >> だよねー。言ってはみたけど、虫とか普通に平気そうだなって思った。偏食もなさそう。 んー…、応援しながら推理しよう。(とりあえず、と、岩を飛び越えて。)(08/14/16 02:05)
◆リレイナ >> シンジュさんの応援があれば百人力です!(おー!と両腕掲げて無駄に元気)(08/14/16 02:03)
◆リレイナ >> 野菜も、虫も、好きですよ!(08/14/16 02:03)
◆シンジュ >> おー、じゃああたしはそんなリレイナちゃんを見守りつつ応援。(ふぁいおー。)(08/14/16 02:03)
◆シンジュ >> あ、成程そうか。リレイナちゃんのダメなところかあ…うーん何だろう。(予想する)ピーマン食べられないとか。虫が苦手とか。(08/14/16 02:00)
◆リレイナ >> よし!(立ち上がる。)その一歩として、今日は肉を食べます!狩りをするのです!(08/14/16 01:59)
◆リレイナ >> その頃には、私のダメな部分もいっぱい知られてしまっているでしょうから、おあいこです!(微笑んで)…本当に頼ってもらえるくらい強くなりますね!ありがとうございます、シンジュさん!!(08/14/16 01:57)
◆シンジュ >> 自分の現状をきちんと受け止められるのはよいこと。(頷き、) くふふ、頼もしいなあ。(08/14/16 01:55)
◆シンジュ >> あたしの知ったかぶりなんて、リレイナちゃんがぐんぐん経験積んでいけばすぐに追い越されちゃう。 …そしてあたしのダメな部分が、じわじわ知られていくんだね…。(諦めよう…、) くふふ!そう?(撫でまわし、満足してから手を放す…)(08/14/16 01:53)
◆リレイナ >> 今の身の程は、分かっているつもりです。頑張って強くなります!そしたら、きっと!(08/14/16 01:48)
◆リレイナ >> 私が足を引っ張らないように頑張ります!…仮にそうでも、知っていくのが、楽しいですから。(くすっと笑い)…し、師匠を思い出してしまいます…!(なされるがまま)(08/14/16 01:47)
◆シンジュ >> んー、今回の焼き肉パーティ逃しちゃったからなあ。 …あ、海底神殿に…竜がいるというのは聞いたことあるけれど。(言ってから、恐ろしいことを言ったというように慌てて首を振り) いやいやいや、でもそこにいらっしゃる竜は知性とかそういうのとは別次元だから。手出しできないレベルだからきっと。(08/14/16 01:46)
◆シンジュ >> ほんと?ふふ、じゃあいつか一緒に。お邪魔にならないように頑張るね。(頷いて。)あたしと仲良くなっていくと…残念な面しか発掘されていかないと思うけど…。(鬱…) ふふー、よしよし!(現在の身長差を利用して遠慮なく撫でまくる。)(08/14/16 01:42)
◆リレイナ >> 龍肉…知性がないなら食べてみたい!!(08/14/16 01:40)
◆リレイナ >> ええ、自由は素敵です!是非、一緒に冒険を!そしたら、シンジュさんの新たな一面も!!(崩れ落ちて膝着いてるので大丈夫。)ひゃ、ひゃああ(この通り照れまくり)(08/14/16 01:38)
◆シンジュ >> (だがしかし娘はさほど背が高くないゆえ…撫でてもあまり絵にならない構図に…)(08/14/16 01:34)
◆シンジュ >> うん、食べれるぽいよ。(頷き、)あたしは食べたことないけど。 時々出回るよね、竜肉とか…凍土のマンモス肉とか…。 ………ふふふ。(なでなでー。)(08/14/16 01:33)
◆シンジュ >> そう、自由。いいよね…自由って…。(今度から迷っているのではなく自由という言葉を使って誤魔化そう…。) うん、今持っているイメージはね。でも冒険に出るともちろん雰囲気変わると思うし、楽しみにしてる。新しいリレイナちゃんが発見できるの。(笑って、)(08/14/16 01:31)
◆リレイナ >> 龍肉!龍って食べられたんですね!?(撫でられ)あわわわ(キョドりつつ撫でられる)(08/14/16 01:28)
◆リレイナ >> 自由な感じ。好きなんです。…春っぽい!なんだか勿体無いです!(頬を押さえた。)…私も、猪や鹿くらいなら!持ち寄ってパーティ!素敵ですね…!(目を輝かして)(08/14/16 01:27)
◆シンジュ >> (見上げられるのに、思わず手が伸びる。よしよし、と。頭を撫で…)(08/14/16 01:22)
◆シンジュ >> あたし、お友達に狩りがとっても上手なお友達がいるから、お肉狩ってきてもらおう。リレイナちゃんが冒険してゲットしてきてくれてもいいし。そうしたらバーベキューしよ。近くにいる人とか誘って。 …あ、でも今回の焼き肉パーティに出てたお肉の中に竜肉ステーキもあったらしいけれどねえ。(さすがにそれは無理だな、と思う…)(08/14/16 01:21)
◆シンジュ >> そんなきれいに歩いたりはしてないけれどね!?迷子になりそうになって、ふらふらしたりしているし。(残念すぎる…) うん、春っぽいような…優しい感じとみずみずしい感じもするけれど。 リレイナちゃんは爽やか元気。(08/14/16 01:19)
◆リレイナ >> (涙目で見上げる…)(08/14/16 01:15)
◆リレイナ >> うう…そうですね。今回だけじゃありませんよね。ありがとうございます…シンジュさん。(08/14/16 01:15)
◆リレイナ >> シンジュさんみたいに歩きたいなって、思います。…爽やか!元気!ホントですか!?どうしよう、すっごく嬉しいです!(08/14/16 01:14)
◆シンジュ >> ええええ!元気出して!?(トン、とリレイナに近づくために石を跳び、) ええと、普通にバーベキューなら、できると思うんだよ。今回だけが肉を食べられるチャンスってわけじゃあないし!(肩ぽむ、)(08/14/16 01:13)
◆シンジュ >> よし、リレイナちゃんの前ではできるだけきれいな姿勢を保つことにする。(そしてきれいなイメージも守るのだ…) …、どうしよう、溶けているのに褒められた…。 (きょどる、、) リレイナちゃんはかき氷とか、炭酸のジュースとかそういう感じがするね。爽やかで、元気そうなの。(08/14/16 01:11)
◆リレイナ >> 肉げなければ…敗残者に過ぎないのです。剣士の情けです…。(顔を覆った。)(08/14/16 01:07)
◆リレイナ >> 立ち姿が綺麗でいらっしゃるからです。それが綺麗なひとは、善悪関係なく、綺麗ですから。(憧れの視線)溶けたアイスクリームだって、美味しそうですし!(08/14/16 01:06)
◆シンジュ >> 今からダッシュすれば間に合うかも、よ…?催し物の最後って、ほら、みんなテンション上がっているから…わりと遅くまでお喋りとかしている気がするし…。(だがしかし肉が残っているかという問題に関しては何とも言えない…)(08/14/16 01:05)
◆シンジュ >> どうしてリレイナちゃんのイメージの中のあたしはそんなに凛としているの!?(怖い…、)溶けたアイスクリームみたいな毎日だから、ほんとに…。(シティジェンヌとかナイ...。) おー、じゃあリレイナちゃんももし参加していれば…バトルはさらに白熱したんだろうねえ。(08/14/16 01:03)
◆リレイナ >> ………だいぶ、遠い、ですね………(戦わずして敗北。崩れ落ちる)(08/14/16 01:00)
◆リレイナ >> シンジュさんなら、だらっとしてても気品がありそうですから!…シティジェンヌ…!(造語)きっと負けません!生き死にの問題ですから…!(真剣)(08/14/16 00:59)
◆シンジュ >> うん?えっとね、コテージの近くの…きれいな砂浜、あるでしょう。そこ。(ゴールドコーストの方角を示し…) 最後にはキャンプファイヤーもするって聞いた気がする。(08/14/16 00:59)
◆シンジュ >> え!?いやいや、バカンスというのは気取って言ってみただけで、実際のところのんびり自堕落生活ですよ…。(超ダラダラ生活なんだよ…) すごいよね、肉戦争。この国で起こったどの戦争にも引けを取らない…なあんて。(笑い、)(08/14/16 00:57)
◆リレイナ >> 分かっていただけて、嬉しいです!(08/14/16 00:54)
◆リレイナ >> バカンス!!なんて優雅な響き…シンジュさんにぴったりですね!…分かります、肉は戦争ですから!…それで、その本音暴露肉食大会はいずこで…?(08/14/16 00:53)
◆シンジュ >> お魚も美味しいけど、お肉も食べたくなるよねえ。(頷く…)(08/14/16 00:51)
◆シンジュ >> ううん、あたしはバカンスに。(ゆるりと首を振るい…)冒険…、というか、少し遠出もできたらいいかなって思ってはいるのだけれど、あたしひとりじゃあ、ね。(困ったように眉尻を下げて、)   非常に言いにくいけれど…みんなわりと肉に対する執念は凄まじいから…(肉が残る可能性は限りなく薄いだろうということを遠回しに伝える…)(08/14/16 00:50)
◆リレイナ >> はい、大元気です!取り柄でして!…最近、魚多めでしたので…ああ…お肉…(08/14/16 00:47)
◆リレイナ >> 覚え置き頂きまして、嬉しいです!(にこり。)シンジュさんも、こちらに冒険に!?私は、少し前からです!お会いできて嬉しいです!!(ニコニコ笑顔)(08/14/16 00:46)
◆シンジュ >> お久し振り!元気にしていた?リレイナちゃんもこっち来てたんだね。 …ん、へいき。(しゃんと立ち、) お肉食べたかったの?(08/14/16 00:46)
◆シンジュ >> 肉って言ったよ!なんか今日、焼き肉パーティがあるって… …あ。(突然の声に答えながら、其方の方を向けば…見覚えのある髪色。)リレイナちゃん!(08/14/16 00:44)
◆リレイナ >> (自然の飛び石の上を伝う…)あっ!あなたは…シンジュさん!ご無沙汰です!わぁ!?大丈夫ですか!?(08/14/16 00:43)
◆シンジュ >> 〜ッ、〜ッ!!(必死に体勢を整え…) び、びっくりした!(08/14/16 00:42)
◆シンジュ >> ひぎゃあ!?(突然の声にふらつく。)(08/14/16 00:41)
◆リレイナ >> 肉とお聞きしまして!(金髪の少女が横合いの木々の合間から顔を出す。)(08/14/16 00:41)
◆シンジュ >> 毎日どこかで、大なり小なり酒宴をしているものねえ。(少しだけ笑って、)楽しそうで、良いことだ。 …あ、なんだっけ、普段言えないことを言っちゃおう的なイベントもくっ付いてたような…?(もうひとつ、岩を飛び。降り立ったところが少し大きい岩だったので、一度跳ぶのをやめた。)(08/14/16 00:40)
■■■神秘の大滝にリレイナの姿が‥肉! 今、肉って言いましたか!?(08/14/16 00:40)
◆シンジュ >> あー…そっかあ、なんとなくいつもと雰囲気違うと思ったのだよね。…や、わりとみんな夜になると騒ぎだすから…今日が特別ってわけでもないのだけれど。うん。(とん、とん、…)(08/14/16 00:36)
◆シンジュ >> (岩を飛びながら、向こう岸へ渡ろうとしていた最中であった。) …そういえば、今日はあれだ、焼き肉パーティの日だったりした?(08/14/16 00:32)
◆シンジュ >> (ふと思い出したように声を上げて。) …と、と。(急に動きを止めてしまったゆえ、ふらつく体を保つ…)(08/14/16 00:28)
■■■神秘の大滝にシンジュの姿が‥………あ。(08/14/16 00:23)